ベビー用品はお得に購入!買い方を工夫するのがポイント

身近な部分から見直しを

ウォーター

水には軟らかいタイプと硬いタイプがあります。赤ちゃんは軟らかいタイプが適し、カルキとミネラルがろ過された純水も販売されています。自宅に届けてもらえる通販が便利です。ペットボトルタイプは保存性に優れ、衛生面でも安心できます。定期的に配達されるレンタルウォーターサーバーは注文忘れの防止にも最適です。

安全な水を飲むために

ボトル

ウォーターサーバーでは、カルキの入っていないミネラルウォーターを温度調節をしながらためておくことができます。しかもミネラルウォーターは宅配されるので、自分で買って帰る必要がありません。ただしミネラルが赤ちゃんの胃腸に負担を与える可能性があるので、調乳に使用する場合は軟水を選ぶことが大事です。

子どもを連れたお出掛け

ベビーカー

ベビーカーは小さな子供を連れ歩くのにとても便利な道具です。ベビーカーの使い方や選び方を正しく知ることで、小さな子供とのお出掛けもしやすくなります。購入前にベビーカーのタイプを知っておくことや、取扱説明書をしっかり読むことが安全に便利に利用するポイントです。

お得に賢く揃えるアイテム

親子

無駄のない買い方

赤ちゃんが生まれると必要になるベビー用品は、授乳、排せつ、入浴など生活の様々なシーンに合わせて、選ぶべきアイテムがたくさんあります。例えば、おむつやミルク缶などの消耗品はすぐに必要になるアイテムです。消耗品を買う時のポイントは在庫を買いすぎないことです。赤ちゃんの成長はめまぐるしく、短期間で大きく成長します。その時に使うベビー用品は長く使えないので、必要量を買うと良いです。また、一つのアイテムで色々な使い方ができるベビー用品を買う事は賢く節約できる買い方です。例えば、ベビーカーにもなり、チャイルドシートにも使えるアイテムは、一つ準備しておけば、他の使い方もできる優れものです。全てのアイテムを準備するとコストがかかるので、できるだけ必要最低限のアイテムを選ぶ事が、コストを抑える事にもつながりますし、無駄がないです。

赤ちゃん用品の特徴

ベビー用品は種類が多く、目的に応じて様々なアイテムがあります。それぞれの赤ちゃんの月齢や、成長段階に合わせて利用したいベビー用品が多くあります。例えば、哺乳瓶のゴム部分は、月齢によってサイズや質感、形が変わる特徴があります。新生児は、ほ乳力が弱い為、ゴムはやわらかめで、小さ目のサイズになります。月齢が上がるにつれて、固めの質感になり、大き目のサイズへと変化します。これは、赤ちゃんの成長に合わせて、その月例にぴったりな機能をもつアイテムを提供する為です。ベビー用品は、使う赤ちゃんとママが常に快適に過ごせるような工夫や、機能性が高いという特徴をもっています。また、ママが普段持ち歩くアイテムばかりなので、デザインにもこだわりの高いベビー用品が目立ちます。